殺菌作用が強い化粧品は肌へのダメージが大きい

殺菌作用が強い化粧品は肌へのダメージが大きい

ニキビの原因菌がアクネ菌です。毛穴に皮脂がたまると、たまった皮脂をもとにアクネ菌が繁殖して、ニキビが悪化します。アクネ菌がニキビを悪化させるので、アクネ菌を殺菌したら治りそうですよね。しかし、殺菌作用のあるニキビ用化粧品を使うとニキビが悪化することがあるのです。どうしてニキビが悪化してしまうのでしょうか。

 

アクネ菌は健康な人の皮膚にも存在する皮膚常在菌です。普段は悪さをしないのですが、肌の調子が崩れると繁殖してニキビの原因となることがあります。

 

どんなの人の肌にも存在しているのに、どうしてニキビができる人とできない人がいるのでしょうか。それは肌の抵抗力が関係しています。過剰な洗顔、偏った食事、睡眠不足、ストレスなどが原因で肌のバランスが崩れてしまい、抵抗力が弱くなってアクネ菌が繁殖しやすくなります。

 

もともと皮膚に存在している菌なのでビーグレンなどで肌の抵抗力を回復させてあげればニキビが治るケースがあります。まずは健康な肌を作るために食事を見直したり、睡眠を十分にとりましょう。

 

殺菌作用が強い化粧品は肌へのダメージが大きく、敏感肌の方は刺激を感じることがあります。肌がダメージを受ければ抵抗力が減少し、ニキビができやすい状態になります。乾燥肌、敏感肌は殺菌作用が強い化粧品で乾燥がひどくなることがあるので、注意が必要です。乾燥がひどくなると毛穴の力が低下して、少しの皮脂でも毛穴にたまりやすくなります。

 

しかし、殺菌作用が強い化粧品がすべて悪いわけではありません。思春期のニキビはホルモンバランスの影響による過剰な皮脂分泌が原因で、大人ニキビとは原因が違うので、殺菌作用がある化粧品の方が治りやすいことがあります。大人ニキビでも炎症がひどくなっているときは、殺菌をしてニキビの炎症を鎮める必要があります。ファリネで汗を抑えるのも良いですね。

 

殺菌成分として配合しているものにはサリチル酸やグリチルリチン酸などがあります。サリチル酸は刺激が強いので、グリチルリチン酸を使用しているものがおすすめです。