汗の臭い対策は健康な身体を取り戻す事が肝要

汗の臭い対策は健康な身体を取り戻す事が肝要

 

汗臭は、脂臭と共に汗に含まれる成分が主原因となる体臭の一つです。
汗臭は、汗と一緒に毛穴から出たアンモニアの臭いです。

 

また脂臭は、やはり汗に含まれる乳酸が皮膚表面の常在菌に分解される際にできる成分・ジアセチルの臭いです。
さらに皮脂などが酸化して発生する中鎖脂肪酸が、このジアセチルと結びつくとミドル脂臭と呼ばれる強烈な悪臭となります。

 

きつい体臭は不健康が原因

 

健康な身体の中では、摂取された栄養素が体内器官の活動や器官自体の維持の為に消費される代謝が行われます。
そしてその結果発生した老廃物などを除去する解毒機能が働いて、不要成分を尿や便として体外に排出します。

 

しかし健康でない身体ではこれら代謝や解毒の機能が低下している為に血液中の残留老廃物が増え、汗と共に排出される量が増加します。
その中に混じっている体臭の原因物質も増えるので体臭が強くなるのです。

 

汗臭の主な原因であるアンモニアは、腸内でタンパク質が消化吸収される過程で発生します。
そして本来は肝臓で分解されて尿素となり、尿の形で体外に排出されます。

 

しかし肝臓が弱って肝機能が低下すると、分解し切れずに血液中に残ったアンモニアがそのまま汗と共に排出されます。

 

また過労や血行不良によって体内に供給される酸素が不足すると、糖質の代謝の際に大量の乳酸が生成されます。
この乳酸が汗に混じって体表面に排出され、脂臭の元となります。

 

この様に体臭が強すぎる場合には、身体の不健康を疑ってみる事が必要です。

 

まず不健康な生活習慣を正す事が、汗臭対策の基本

 

動脈硬化や心肺機能の低下は血流を悪くして、身体への酸素や栄養の供給を妨げます。

 

また過度な飲酒、喫煙、高脂質な食べ物や炭水化物の摂り過ぎなど栄養の偏り、そしてストレスなど精神的な疲れは、肝機能や腸内環境の悪化など体調不良を引き起こし、
その症状の一つとして汗臭の悪臭が発生します。

 

この様な場合、入浴で洗い落としたり消臭剤を使う事は、とりあえずの臭い対策としては必要でしょう。
しかしこれらはあくまでその場しのぎの対処療法でしかありません。

 

根本的な対策として、節煙節煙や食生活の改善、適度な運動による体質改善とストレス発散などを行い、
健康な身体を取り戻す事が肝要です。