筋肉や骨、髪の毛なども全てタンパク質からできている

筋肉や骨、髪の毛なども全てタンパク質からできている

筋肉や骨、髪の毛なども全てタンパク質からできている中、当然筋力をアップさせるためにもタンパク質が重要となってきます。

 

髪の毛や爪、古くなって使われなくなった細胞からできていると聞きますが、その細胞ももとはタンパク質が原料です。

 

といったように、人自体がタンパク質でできているようなものですね。
なおタンパク質は新陳代謝ですぐに消費されてしまうので

 

筋肉をつけたいとなればより多くのタンパク質の摂取が必要になってくるかと思います。また運動後30分以内にタンパク質を摂取した方が、その時間帯はゴールデンタイムと言われている時間なので、タンパク質を付けるのにうってつけの。効率の良い時間だといわれています。
では、タンパク質はどんな食材に多く含まれているのかを見てみます。

 

アミノ酸は約500種類ありますその中で体を構築するアミノ酸は20種類あります。必須アミノ酸9種類(体で合成されないアミノ酸含む。)
その中でも筋肉を構築する上で必要となってくるアミノ酸は

 

  • グルタミン酸 筋肉や胃腸の正常な動きを促してくれる必須アミノ酸
  • バリン ロイシン イソロイシン体のタンパク質を作る能力向上

 

また主に筋肉の働きを良くするエネルギー源となる。

 

必須アミノ酸の特徴は体で合成されないために、食べ物から摂取する必要がありますが体内に取り込んだことでより早く吸収されやすいのが特徴です。

 

基本的にアミノ酸の種類は多いので、一つの種類の食材を食べるのはさけたほうがいいようです。

 

では、中でも筋肉作るのにうってつけな食材はと言えば、卵、納豆、鶏肉(ささみ)、乳製品等ありますが、その中で一番体に必要とする網に酸が全て揃っている食材があります。完全食品と呼ばれているのがそう、卵です。

 

卵は生命を生命に不可欠な必須アミノ酸が全て揃った食品です。
また脂肪を多く含まないという特徴を持ったのも卵なのです。

 

この食品は良質な筋肉を作るうえで欠かせない食品ですが、そのほかにも、乳製品などにも良質のアミノ酸が含まれているので、その食品なども筋トレをするうえで参考にした方が良い食材でしょう。