背中には皮脂腺がたくさんあるためニキビが重症化しやすい

背中には皮脂腺がたくさんあるためニキビが重症化しやすい

顔、胸や背中など身体のいろいろな場所にニキビはできるのですが、その中でも酷くなりやすいのは背中ニキビです。

 

これは、背中には皮脂腺がたくさんあることが原因の一つなのですが、それ以上に背中は普段見ることが出来ない場所なので重症化しやすいのです。背中のニキビの治し方について説明していきます。

 

背中ニキビができてしまう原因は何なのでしょう

 

背中ニキビはホルモンバランスが乱れると出来てしまいます。睡眠不足や強度のストレスを抱える生活を続けていると、次第に男性ホルモンの分泌が過剰になります。男性ホルモンは角栓を作る働きがあり、その角栓が毛穴を詰まらせてニキビを作ってしまうのです。

 

予防とケアについて

 

酷くなっていない状態の背中ニキビには、ビタミンC誘導体が含まれている美容液を使用すると効果的です。また、長期的なケア方法としては、偏った食生活ではなく、栄養バランスが取れている食事をするようにしたり、規則正しい生活を送るようにするようにしましょう。他には当たり前のとこですが、シーツや布団などの寝具や下着を清潔にしておくことが大切です。寝具や下着に雑菌が付着していると、背中に移り背中ニキビができやすくなります。また、寝ている時には汗をよくかくので、起きてからシャワーをして、汗を流し清潔にすることも効果的です。

 

重症化してしまった背中ニキビの対処法

 

ニキビが背中全体に広がっている時や、炎症を起こしている場合は皮膚科を受診することをお勧めします。ニキビの専門治療を行っているニキビ外来では、ホルモンバランスを整えるホルモン治療を行っている所もあります。ホルモン治療をすると、女性ホルモンを優位な状態にすることができるので、短期間にニキビをケアすることができます。

 

まとめ

 

背中ニキビはホルモンバランスが乱れて、男性ホルモンが過剰に分泌されていることが原因でできてしまいます。背中ニキビが酷くない時は、規則正しい生活を心がけ、ビタミンC誘導体が入っている美容液を使用すると改善していくでしょう。身体に触れるものは清潔にしておくことも重要です。重症化している背中ニキビがある場合は、皮膚科を受診するようにしましょう。